在宅ライターの仕事で確認すべき点とは

キーボードを操作する

在宅ライターの仕事で確認すべき点とは

在宅のライターは需要が多く、様々な案件が存在します。しかし、自分に合った仕事を選ばなければ、納期遅れなどトラブルを生む可能性も無いとは言えません。では、どのような点に注意して仕事を選ぶべきなのでしょうか。

ジャンルを確認

最初にチェックしておきたいのが、その仕事のジャンルです。どのようなジャンルのライティングでしょうか。自分のスキルに見合っているか、詳しいジャンルかチェックし、不安がある場合は応募は控えておきましょう。詳しくないジャンルの場合、記事作成に手間取ってしまうリスクがあります。

記事の仕様をチェック

チェックを促す指
仕様も確認しておきましょう。ライティングの仕事では、それぞれ仕様が定められています。例えば文体、キーワードやタイトル、記事構成など、細かな仕様が決まっている場合が珍しくありません。仕様を無視した記事を作成すると、報酬自体支払ってもらえない可能性もあります。


単価・報酬の確認

記事の単価や報酬もチェックが欠かせません。1記事あたりの単価を確認し、適正か確認しておきましょう。単価が高いほど得られる収入が増加する反面、低いと収入が減ります。労力に見合っているかの確認も必要です。
ただし、初めの内からいきなり高収入を得ようと考えてはいけません。
仕事をこなし、経験を積むにつれて徐々に収入は増えるので、極端に安くはないか、位の確認で良いでしょう。

納期も忘れずに

ペンとカレンダー
絶対に忘れてはいけないのが納期です。ライティングの仕事で一番重要と言っても過言ではありません。納期に間に合わないと報酬をもらえないか、賠償を請求されるおそれもあります。

その納期に間に合うよう仕事をこなす必要がありますが、難しそうなら止めておくのが良いでしょう。ただし、交渉次第で納期を延ばしてもらえる場合もあります。


納品方法を見る

仕事によって納品方法も異なります。例えばメールで納品する場合もあれば、ネット上の専用のシステムを利用して納品するケースもあります。納品方法は案件ごとに決まっている場合が多いため、必ず確認しておきましょう。必ず指定の方法で納品することが重要です。

発注者の信憑性も確認を

発注者は個人でしょうか、それとも法人でしょうか。発注者が信頼できない案件を請けるべきではありません。報酬を払ってもらえないなど、様々なトラブルに遭う可能性が潜んでいるからです。必ず発注者の信頼性を確認しておきましょう。

確認すべき点は多い

在宅のライターの仕事は誰でも気軽に始められますが、仕事を選ぶことは話が別です。自分に見合った案件を選ぶためにも、安易な気持ちで応募せず、確認すべきことはしっかり確認しましょう。

ページ上に戻る

Copyright © 2017 在宅でできる仕事で、webライターを選ぶメリット All Rights Reserved.