ライターの仕事はどう探せばいい?

キーボードを操作する

ライターの仕事はどう探せばいい?

ライティングの仕事の多くは、自宅でできるのが魅力になっています。このため、在宅の仕事を探している方はもちろん、副業で少し稼ぎたい方にもおすすめです。しかし、どうやって仕事を探すべきか、迷う方も多いのではないでしょうか。

仕事を見つけるのは難しくない

ライターの仕事を始めるためには、まず案件を探すことから始めなくてはいけません。特に未経験の方の場合、自分で探さなければ、いつまで経っても仕事はできないため、しっかり探す必要があります。しかし仕事探しは決して難しくなく、いくつかの方法で探せます。
探す際には報酬も大事ですが、仕事開始と納期のチェックも忘れずに行いましょう。

クラウドソーシングを利用する

クラウドの図式
一番簡単な方法がクラウドソーシングです。専用のシステムで発注者とやり取りできるサービスで、ライティング関係の仕事も非常に多くあります。

様々な案件から探せるのが魅力ですが、手数料を取られることも多いため注意が必要です。初心者・未経験者向きの方法と言えるでしょう。


ネットのSOHOサイトを活用

インターネット上にはSOHOの仲介サイトも存在します。クラウドソーシングのように、様々なライターの仕事を募集しているのが特徴で、手数料を取られることはありません。あくまで仲介サイトです。

一方で怪しい業者が潜んでいる可能性もゼロではありません。このため、応募の際は住所の確認などが必須で、案件を慎重に選ぶ必要があります。

専用の掲示板で探す

ネット掲示板
ライティングの仕事を募集している専用掲示板を見つけるのも良いでしょう。SOHOサイトと同様ですが、必ず見つかるとは限りません。クラウドソーシングなどと比較すれば、見つけるのが非常に難しい方法とも言えます。


企業の募集をチェックする

企業が在宅のライターを募集していることもあります。もし募集を見かけたら、直接応募してみてはいかがでしょうか。直接契約できるのが特徴ですが、住所や連絡先をチェックし、信頼性の高い企業を選ぶようにしましょう。

個人でブログを作成する

ライティングの仕事は実績が必要な場合もあります。もし未経験の方は個人でブログを開設し、実績作りを兼ねてみると良いでしょう。長期間運営すれば、ブログを通じて仕事の依頼が入る場合もあります。ただし根気の必要な方法です。

仕事を探す方法は色々

このように、ライティングの仕事は様々な方法で見つけることが可能です。どれを利用するかは人それぞれですので、自分に合った方法を見つけるか、複数の方法で探してみると良いでしょう。

ページ上に戻る

Copyright © 2017 在宅でできる仕事で、webライターを選ぶメリット All Rights Reserved.