在宅のライターの仕事の流れは?

キーボードを操作する

在宅のライターの仕事の流れは?

在宅のライターは日々様々な仕事をこなして報酬を得ています。しかし、これから始める方にとって、大きな疑問が仕事の流れではないでしょうか。どういった流れで仕事をするか把握することは重要ですが、決して複雑なものではありません。

仕事を探そう

最初に行うのが仕事探しです。自分のスキルに合ったライティングの仕事を見つけましょう。中には定期的に発注してくれる案件もあります。その都度仕事を探すのが面倒な方は、安定発注のある仕事を見つけてみましょう。

仕事に応募する

希望の仕事が見つかったら、次は仕事への応募を行います。指定の方法で応募しましょう。しかし、応募しても連絡が来ない可能性もありますので、自己アピールも忘れずに盛り込む必要があります。

契約のやり取りと確認

応募後に発注者から連絡が入ったら、次は細かな調整と契約です。契約書を交わすと同時に、報酬や仕様、各種取り決めについて確認しておきましょう。確認が不十分だと後でトラブルになるリスクがあります。場合によっては発注者と交渉を行いましょう。
仕事をするにあたって確認すべき点を他ページで詳しく解説しています。

仕事開始と納期のチェック

契約書を交わしたら、いよいよ仕事の開始です。仕事を始める前には、再度納期のチェックをしておきましょう。この納期が仕事の期限であり、納品の期限となります。納期を過ぎると報酬未払いとなる場合も珍しくありませんので、必ず間に合うように仕上げましょう。

記事を作成し途中経過を報告

発注者によっては、定期的に記事作成状況の報告を求めてくる場合があります。必要に応じて経過を報告し、内容変更など発注者の希望があれば調整しましょう。また、こまめに仕様をチェックすることも大切です。

納品や修正の対応

記事が全て仕上がったら再チェックし、問題がなければ納品しましょう。もし仕様と違う点があったり、誤字・脱字が目立つようであれば、修正を忘れてはいけません。発注者から修正を求められる場合もありますが、応じるようにしましょう。

報酬を受け取り完了

数枚のお札
発注者からOKが出た時点で仕事は完了です。しかし、報酬を受け取らなければ、本当の意味で完了とは言えません。指定した期日までに振り込んでもらうようにし、支払いのチェックも行いましょう。


流れに慣れよう

このように、ライターの仕事の流れは難しいものではありません。応募から納品までは、ほとんどの案件で同じ流れです。ただし、最初は戸惑うことも多いと思いますので、少しずつ慣れていくようにしましょう。

ページ上に戻る

Copyright © 2017 在宅でできる仕事で、webライターを選ぶメリット All Rights Reserved.