在宅のライターで報酬を上げるコツ

キーボードを操作する

在宅のライターで報酬を上げるコツ

在宅のライターとして活動している方は少なくありませんが、月々の収入は人によって大きな隔たりがあります。中には収入が増えず悩んでいる方もいますが、どうやって収入をアップさせたら良いのでしょうか。実は収入をアップする方法もあるのです。

収入アップは時間をかける

まず気をつけたいのが、急な収入のアップを望まないことです。ライターの収入は自身のスキルにほぼ比例しますので、時間をかけてアップさせることが必要になります。少しずつ経験を積み、まずは仕事に慣れることが重要です。

単価の高い案件を受注する

500円玉
収入をアップさせるための基本とも言えるのが、単価の高い案件を受注することです。例えば1記事につき500円の記事と600円の記事があれば、後者のほうが100円ほど高くなります。1記事では微々たる金額かもしれませんが、記事を書くほど差が開き、得られる収入も増加します。


オファーを狙う

ある程度ライティングの経験がある方は、実績をアピールしてオファーを狙うのも良いでしょう。相手からのオファーがあれば、こちらから単価を提示することも不可能ではありません。ただし、単価は自身の実力に見合っている必要があります。極端に高い金額を提示しても、オファーが破談になってしまうだけでしょう。

実績を作る

同じ発注者から何度も仕事を請けていれば、徐々にその発注者との信頼が高まり、単価をアップしてもらえることがあります。実績を積み上げていくことで、単価を上げることも可能なのです。発注者が企業の場合、単価の高い案件を優先的に紹介してもらえるようになるでしょう。

スキルを磨く

スキルを磨くことも収入アップには大切です。直接増える訳ではありませんが、スキルが求められる高単価の案件を受託しやすくなるため、将来的な収入アップに繋がります。時間があるときは、タイピングの速度向上を目指したり、様々な記事を書く中でコツを掴むと良いでしょう。

効率的に仕事をこなす

ライティングの仕事は数をこなすことが大切です。しかし時間は限られていますので、仕事の効率を高める方法を考えてみると良いでしょう。キーボードを変更するなど、少しの変化で効率が上がる場合もあります。

徐々に収入は増える

ライターの仕事を始めたばかりの頃は、収入が低くて悩む方も少なくありません。しかし、少しずつ収入は増加しますので、更に上を目指す方は、単価を見直したり、スキルを磨くようにすると良いでしょう。

ページ上に戻る

Copyright © 2017 在宅でできる仕事で、webライターを選ぶメリット All Rights Reserved.